第百八十三回例会 (メンバースピーチ)


2014年12月2日(火)
■会場 セント・カテリーナ
■例会担当 YCE・国際関係委員会

メンバースピーチ 伊藤 祐一氏
「争続」なくして「笑顔相続」へ

 最近、相続の問題で裁判沙汰になっている家庭が増えてきています。

家庭裁判所に持ち込まれた相続の金額の割合が一千万円までが約三十%、五千万円までが五十%というふうに相続問題が一般化してきました。

現在は相続税を払っているのが4パーセント位ですが、近い将来相続税の控除価格が低くなるにつけ、8パーセントの人が相続税の対象となります。

相続が争続にならないようにしなければいけません。

実例をあげながら講義をして頂きました。これをライオンズメンバー達は真剣な眼差しで聞いていました。

伊藤さん、有難うございました。



(委員会報告)
計画・大会委員会
宇多津秋の収穫祭の収支報告がありました。
売り上げ 179050円
費  用 122884円
利  益 56166円
ご協力有難うございました。

財務・出席委員会
オークション例会の売上は160500円でした。ご協力有難うございました。

(報告事項)
計画・大会委員会
ユープラザうたづより切手1826枚、ハガキ94枚頂きました。有難うございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください