日時:2015年7月19日(日)
場所:スーパーセンター宇多津

 「ダメ。ゼッタイ」普及運動、国連の提唱する「6・26国際麻薬撲滅デー」に呼応して、6月20日から7月19日までの一ヶ月間、国民に薬物乱用撲滅を
訴えるキャンペーンが行われていました。

当クラブではキャンペーンの最終日である7月19日に今期初めての委員会アクティビティとして「ダメ。ゼッタイ」薬物乱用撲滅リーフレットの配布と献血奉仕を行いました。

 当日は立っているだけでめまいがするような暑さの中、会長を始めライオンズメンバーが交代で献血の案内及びリーフレットを配布、香川県中讃保健福祉事務所より受け取った500部のリーフレットとポケットティッシュは全て配布でき、多少とも麻薬撲滅運動に貢献できたのではと思いました。

献血のほうは、受付人数63名、実施人数55名、午後4時に終了の予定でしたが、献血の目標人数に届かず、15分の延長。暑い中、献血にご協力いただいた方々には本当に感謝いたします。

献血は大半が50歳未満、その使用は大半が50歳以上、少子高齢化の急速な進行や若年層の献血離れ等問題が山積みです。

私たちの活動が少しでも貢献できればと思います。年4回の献血実施が目標です。今後ともご協力よろしくお願いいたします。